英語力(English Ability)

移住ビザを申請するためには、英語力が必要です。ビザによって英語力の条件は異なりますが、下記が主な英語力の表現と対応ビザです。

技術系ビザ・雇用スポンサー系のビザを申請する為には、英語力は必須です。まずは自分の英語力を測る事が重要と言えます。個人差がありますが、英語力はいきなり向上するものでは無く、長期的な就学が必要になるときもあります。

移民局とSkill Assessment Bodyによって、必須英語条件が異なる場合があるので注意が必要です。AccountantでIELTSを例にした場合、移民局はIELTS General 7 in each bandでも10ポイントの対象になりますが、Skill AssessmentではIELTS Academic 7 in each bandを取得していないと申請すらできません。
こういったケースは医療系・教育系も同様で、移民局がポイントの対象とするスコアと、各Skill Assessment Bodyが必要条件とする英語力は異なるので注意が必要です。またAITSL(教育系スキル判定機関)の場合は、より高い「IELTS Academic Module 7 in each band及びSpeakingとWritingが8」と言う申請条件を設けていますが、免除要項として「オーストラリアやカナダやNZやアメリカやイギリスの大学にて4年以上学んで学士号を取得」している場合は、この申請条件を免除してもらえます。

どのテストが一番スコアを取りやすいか?

どのテストが一番スコアを取りやすいか?と言うご質問を良く受けます。これだけは個人個人の好みの問題です。過去にTOEFLの勉強をされた場合はTOEFLを受験されるのが良いでしょう。それぞれのテストには特徴があり、IELTSが一番スコアの伸び難いテストと言う印象があるのも事実です。OETは専門職に準じたテストなので、医療系の方はIELTSよりもOETを受験される方が有利なのも確かです。 最近の傾向(2016年)として、IELSTでスコアに伸び悩んでいた方がPTEを受験したところ、一ランク上のスコア(Competent EnglishレベルのスコアだったProficient Englishレベルに為るなど)になるケースがありました。かといってPTEがスコアを取りやすいとは言及できませんが、テストを変えてみることも一つの手です。

英語力は大きく5段階に分類されます。

Superior English:

ネイティブ並みの英語力。S189/S190/S489のポイントシステムで20 pointsが加算されます

Proficient English:

一般的に必要となる英語力。S189/S190/S489のポイントシステムで 10 points が加算されます

Competent English:

技術系ビザ及ENS/RSMS Direct Entryに最低限必要な英語力です。

Vocational English:

ENS/RSMS Temporary Residence Transition Streamに最低限必要な英語力です。

Functional English:

副申請者(配偶者等18歳以上のファミリー申請者)に必要な英語力で、これを下回る場合は英語教室費用(年度毎に異なりAU$4,500〜AU$5,000程度)を移民局に支払わないとビザが発給されません。

英語の成績は、申請日から遡って3年以内のもののみが認められます。なお、IELTS、TOEFL iBT、PTE、OET、CAEのみが評価対象でTOEICや英検は認められません。

また英語の成績は、一回のテストで4つのコンポーネントのスコアが揃わなくてはいけません。ただしOETのみは2回のテストで4つのコンポーネントのスコアをそろえる事ができます。

Vocational English

として認められるテストスコアは以下の通り。

Vocational English is the required level to obtain ENS and RSMS visa through the Temporary Residence Transitional stream for people who have held a 457 visa for 2 years with the employer.
Required scores to establish Vocational English are as follows:

International English Language Testing System (IELTS) の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「5」以上のスコアが必要。
Occupational English Test (OET) の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「B」以上のスコアが必要。
Test of English as a Foreign Language internet-based test (TOEFL iBT)の場合は「4 for listening, 4 for reading, 14 for writing and 14 for speaking」が必要。
Pearson Test of English (PTE) Academic の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「36」以上のスコアが必要。
Cambridge English: Advanced (CAE)の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「154」以上のスコアが必要。

Competent English

として認められるテストスコアは以下の通り。

International English Language Testing System (IELTS) の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「6」以上のスコアが必要。
Occupational English Test (OET) の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「B」以上のスコアが必要。
Test of English as a Foreign Language internet-based test (TOEFL iBT)の場合は「12 for listening, 13 for reading, 21 for writing and 18 for speaking」が必要。
Pearson Test of English (PTE) Academic の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「50」以上のスコアが必要。
Cambridge English: Advanced (CAE)の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「169」以上のスコアが必要。

Proficient English

として認められるテストスコアは以下の通り。
If you demonstrate proficient English, this will give you 10 points for English language ability.
Even native English speakers must undertake English language testing to obtain points for proficient English or higher.
Scores required for Proficient English are:

International English Language Testing System (IELTS) の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「7」以上のスコアが必要。
Occupational English Test (OET) の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「B」以上のスコアが必要。
Test of English as a Foreign Language internet-based test (TOEFL iBT)の場合は「24 for listening , 24 for reading, 27 for writing and 23 for speaking」が必要。
Pearson Test of English (PTE) Academic の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「50」以上のスコアが必要。
Cambridge English: Advanced (CAE)の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「185」以上のスコアが必要。

Superior English

として認められるテストスコアは以下の通り。
If you demonstrate superior English, this will give the maximum of 20 points for English language ability. Minimum scores for Superior English are:

International English Language Testing System (IELTS) の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「8」以上のスコアが必要。
Occupational English Test (OET) の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「A」以上のスコアが必要。
Test of English as a Foreign Language internet-based test (TOEFL iBT)の場合は「28 for listening, 29 for reading, 30 for writing and 26 for speaking」が必要。
Pearson Test of English (PTE) Academic の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「79」以上のスコアが必要。
Cambridge English: Advanced (CAE)の場合はspeaking, reading, listening and writing全てのコンポーネント(科目)において「200」以上のスコアが必要。

Functional English

として認められるテストスコアは以下の通り。
ただし以下の場合は相当とみなされます:

Completion of a degree, higher degree, diploma or trade certificate that required at least 2 years of study in English medium
Completion of all years of primary education and at least 3 years of secondary education in English medium; or
Completion of at least 5 years of secondary education in English medium; or
Scoring at least 4.5 averaged over the four components of the IELTS test within the 12 months before application, or during processing; or
Completion in Australia of at least 1 year of full-time study or equivalent part-time study towards a degree, higher degree, diploma, or associate diploma in English medium.

 

 


Cultural Training Service
Registered Migration Agent: Akira Shinkai
Migration Agent Registration Number (MARN): 0747324
Office of the Migration Agents Registration Authorityy: www.mara.gov.au
Code of Conduct

Email: mail@ctsau.com

Post: PO BOX17 Kerrimuir VIC 3129 Australia

Phone: +61 42 9391 651

Copyright: 2015 Cultural Training Service (Australia). All rights reserved.
MARN:0747324