リターンビザについて(Resident Return visa subclasses 155 and 157)

通常、S189やS190と言った永住権ビザには、同時にリターンビザResident Return visa (subclasses 155 and 157) と言うのが付随してきます。具体的にラベルが発行されたりするわけではありませんが、永住ビザには、必ず付随しているものとお考えください。下記にリターンビザに関する説明を、永住権ビザ発給と一緒に順を追って説明します。

永住ビザが発給(Grant)されると、移民局から通知レターが届きます。このレターにファーストエントリー日が設定されています。この指定日までにファーストエントリーを済ませてください。ただし、これはあくまでイニシャルエントリーで、移住を意味するもので はありません。滞在は1日でも良いのです。とりあえず入国を一回すれば、その時点で VISAがアクティブになります。もし、この指定日までに入国しなければ、ビザがキャンセルされます。

そして、下記のVISAコンディションが始まります(注意深く読んでいただき理解してください):

-----------------------------------------------------------------------------------------------

1.イニシャルエントリーされた日より永住ビザがアクティブに なります。ビザそのものは永久的なものですが、出入国用の「リターンビザResident Return visa (subclasses 155 and 157) 」の5年おき更新が必要です。

2.ビザがGrantされた日より5年後にリターンビザ更新手続きが 必要です。オンラインで可能、一人AU$360(2016年・毎年少しずつ値上がります)
*永住ビザ条件としては、5年中2年は豪州に居住していること が求められています。ただし例外有り。

3.この更新を忘れたまま、豪州から出国すると、(リターンビザ失権の為)再入国ができなくなる可能性があります。

4.更新条件としてグラント日から5年後までの間に、2年間豪州に滞在していなければなりません。出入国の記録は移民局が把握していますのでオートマティックに判断されます。

5.ただし、豪州から出国しない限り、更新の必要は無いです。 例えば:豪州から9年間一切出国しなかった家族は、日本に一時帰国する際に、初めて更新を行っております。要するに、リターンビザの有効期限後、出国する際に豪州に再入国するために事前にリターンビザの更新が必要なのです。

6.例外事項もあります:例えば、豪州の企業に雇用され海外に 長期派遣される場合、この期間が例外対象です。また母国の兵役義務の為の長期不在、母国の両親が病気の為面倒を見るための長 期不在などもケースバイケースですが考慮してもらえる場合があります。どの場合も、証明が必要になります。

7.お子様が豪州で生まれた場合、このお子様は市民権(豪州パスポート)を得るわけですので、永住ビザ規定の対象外となります。

8.二重国籍を認めている国出身の方は、豪州市民権を取得される事をお勧めします。日本はこの対象外ですが。

------------------------------------------------------------------------------------------------

ごらんの通り、リターンビザとは、永住者に「本当に豪州に永住する意思があるのか」確認の為のものと言えます。 もし、豪州国外にいながらこのリターンビザが期限を迎えた場合や、「過去5年中2年以上滞在」条件を満たせずに、豪州国外で期限を迎えた場合は、臨時のテンポラリーリターンビザを申請することができます。これは3ヶ月の限定ビザです。このテンポラリーリターンビザにて豪州に再入国したら、次の2年間を豪州国内にて過ごせば、次の5年期限リターンビザを申請取得可能になります。理屈上「2年間は豪州国外に出国できない」と言う事になりますが、永住意思を示すためにはいたし方がないところでしょう。

他の複雑な事情によるケース(例えば、豪州人と結婚により永住権を取得したが、その豪州人夫の海外転勤に伴い条件を満たせなかった等)に関しては、当該国の豪州領事館に相談することをお勧めします。

リターンビザを失効してしまった方に:

豪州国外でリターンビザResident Return visaを失効してしまった場合、再申請は、状況次第で難易度が大きく異なります。上記の規定を大きく外れていない場合はResident Return visa S155を発給してもらえる場合も有りますが、通常はResident Return visa S157が発給されます。
このS157は一時的な(三ヶ月)のビザです。いわば、再入国は許されますが、それから2年間豪州国内に留まらないと、通常のResident Return visa S155への切り替えが出来ないのです。この2年以内に、豪州国外に出国すると、再びResident Return visa S157を申請することになりますが、2回目以降の発給は非常に制限されたものになります。
状況によっては、申請を却下されることも多くあります。そういった場合はCTSにご相談ください。

RRVサービス内容 - RRV申請代行
- RRV申請コンサルティング
- スケジューリング及タイミング指示
- 申請提出書類リストの作成及指示
- NAATI翻訳手配
- Certified Copy作成(パスポートを除く)
申請代行費用 通常RRV申請代行:AU$280.00
RRV失効者復活申請:AU$1,200.00- Basic
RRV申請却下ケース再申請:AU$2,000.00- Basic
注意・追記事項 NAATI翻訳費用は別途発生します。また、裁判所係争ケース(離婚問題・認知子問題)を過去現在とお抱えの場合は、追加費用が発生します。
健康上の問題(結核経験・移植経験など)を過去に抱えていた場合は、事前にお教えください。犯罪歴(起訴歴)に関しても同様です。

 

 


Cultural Training Service
Registered Migration Agent: Akira Shinkai
Migration Agent Registration Number (MARN): 0747324
Office of the Migration Agents Registration Authorityy: www.mara.gov.au
Code of Conduct

Email: mail@ctsau.com

Post: PO BOX17 Kerrimuir VIC 3129 Australia

Phone: +61 42 9391 651

Copyright: 2015 Cultural Training Service (Australia). All rights reserved.
MARN:0747324